星野 善晴
Yoshiharu HOSHINO
designer / artist
東京都新宿区・千葉県本埜村(現:印西市)出身。千葉県立東葛飾高校卒業。
東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻、ミラノ工科大学大学院建築社会学部、東京理科大学理工学部建築学科で学ぶ。環境設計を建築家の北川原温氏に、建築史・建築論を建築史家の川向正人氏に師事。
在学中、ハイデッガーの芸術論およびノルベルク=シュルツの集落論に影響を受け、現在に至るまで、建築史・都市史を通じた考察をもとに、音楽・舞踊などの表現領域との協働による「身体」に基づいた芸術的な空間表現を模索している。
生命力の踊り場 杜の音楽祭(2015、制作・演出)、小劇場オペラ《出雲阿国》(2017-、美術/全国7会場で上演)、アーツ&スナック運動(2019-、実行委員・演出・展示など)、秋月の階調(2020、制作・構成)、オペラ《箱》(2021、美術)、モノオペラ《いちとしいけるもの》(2022、美術)、法政大学 多摩地域交流センター(2018-2023)など。イベント業務管理士(1級)